中学受験振り返り備忘録、親編。

中学受験振り返り備忘録、親編。

長かったような、そうでもないような、そんな中学受験第一弾が
ひとまず幕を閉じました。不思議な物で、入試日が遠い昔の事のようです・・・(笑)

親の私はと言うと、そりゃあ安堵の気持ちが大きいです。
ひとまず、終わりを迎えましたからね。ただ、あと2年くらい同じような
事が下の子で繰り返されるのかと思うと、気も抜けないでいますけどね(笑)

受験時代を振り返ってみて一番大変だったなーと思うのは、やっぱり送り迎えです。
送迎バスがなかったし、家から塾までも公共機関利用となると、1時間くらい
かかっちゃうんじゃないかな。(バス停までも徒歩15分~20分かかるし)

だから、自家用車での送り迎えは必須でした。
上の子と下の子、時間が合わない時なんてバラバラで送るので
何度家と塾を往復したか・・・(*´Д`)

夜は旦那が迎えに行ってくれたので助かりましたが、それでも
帰ってくるまで私も眠れないし、なかなか大変だったなと思います。

次は、お弁当作り。とくに夏期講習などの講習時はお昼と夜の分2食要るので
息子の分と合わせて、一日中ご飯の用意をしている感覚でしたもんねー。

ま、お弁当に関しては、時々コンビニ弁当も利用できたので、
送迎よりは全然マシでしたけどね(笑)

嫌だなーと思ったのは小学校生活の2学期。これ、本当すごく大変でした。
運動会がなにせ大変。毎日ヘロヘロになってましたからね。
そして修学旅行も。行かせてあげたい気持ち半分、塾が・・・と思う気持ち半分でした。

子供は塾で勉強するので家に居ない日が多く、そういう意味では親として
気はラクでした。家で過去問だとかやってたら、きっと毎日のように
娘と喧嘩してたと思いますもん、私。

時間が許す限り、塾が開いている限り、強制的に行かせる。
これ、きっと一番大事だと思います(笑)

うちは娘の性格から言っても、中学受験は正解だったかなと思っています。
とにかく真面目で先生から言われた課題は期日までに必ず仕上げますし、他の子との
おしゃべりなんかもほとんどしない。

負けず嫌いなので、ライバルと思う子よりも少しでも先を進みたいという思いも、
ストイックに集中して勉強できる姿勢も、娘の武器だなって思います。
中学受験だけじゃなく、中学校に入ってからも大丈夫かなと思うのですが、どうでしょ??

ただ下の子は、娘と真逆の性格ですから、多分息子の方が受験時は
大変なんだろうなーと今から覚悟はしています(;´∀`)

小学6年生の中学受験って、幼いながらも毎日遅くまで勉強します。
まだまだ体の小さな子もいたりして、過酷だなと思う時もしばしば。
(うちの子は体が大きかったのですが・・・)

みんな、本当によく頑張ったね・・・・。

ただ、受験中子供達二人が塾に行ってたので、夜は夫婦で静かな時間を
過ごせたのですが今はずっと娘がいるので、ちょっとイヤ・・・・・(笑)
中学校に通い始めたら帰ってくる時間も遅くなりそうですが、それまでが長いなー(;´∀`)

まだまだ終わりじゃない中学受験。次は、下の子です。
あと2年ありますが、気持ち的には“2年しかない”という感じです。
愚息の偏差値をどこまで上げられるかわかりませんが、親の私も頑張りたいと思います。

関東圏の方はこれからですね。一足お先に終わらせて頂いた中学受験ですが
まだこれから受験のお子さんの合格を心から願っています。
頑張って下さいだなんて安っぽい言葉しか出てきませんが、応援しています☆

寒暖差が激しいので、体調だけはくれぐれも崩さないようお気を付け下さいね!

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。