塾と学校との狭間で、葛藤と親心。

塾と学校との狭間で、葛藤と親心。

うちには二人子供がいます。上の娘ピーチはこの間受験が終わった小学6年生。
そして下の息子マリオは、新5年生で塾が始まった小学4年生。
って、なんだかややこしいですね(笑)

上の娘は、親の私が言うのもあれですがすごく優秀だと思います。
何が優秀かってね、自分からやるべき事をきちんと把握していて、それに向かって
進んでいける精神を持ち合わせているからです。

集中力も努力する姿勢も、惚れ惚れするほど持ち合わせています。

・・・あいにく下の子にはそれが全くありません。学校でも塾でも、宿題はとりあえず
やります。でも、それだけ。それ以上深く追求してやろうという事がないんです。
プリントで間違えた問題は、正しい答えを書くだけ。

どうして間違えたかを見直ししたりしないんです。
だから、成績が思うように伸びません。

でも塾は好きなので辞めたくないようです。以前、あまりにも勉強に対する
姿勢がなっていなかったので、旦那が爆発した時がありました。
その時でさえ、大好きなゲームが出来なくてもいいから塾に行きたいと
懇願していました。・・・・なぜそんな塾が好きかは謎ですw

今まではどうしても受験生である娘に構いっきりでしたが、これからは
息子に集中していこうって決めています。ただ、今新5年生。微妙な時。

この1年が大事だとわかってはいるものの、まだ受験まで2年もある長丁場に
息子がついていけるかが心配デス(*´Д`)

内容が難しくなるし進むペースも早くなるから塾はなるべく休ませたくない。
だったら体調悪い時は学校を休ませるという選択になるはず。
・・・・・あれ??そういう選択になっちゃいますよね?!?!

でも、調査書が必要な学校もあるので、学校もそんな頻繁に休ませるわけには
いきません。(まだ調査書が必要な学校を受けるかどうかもわからないのですが)

学校の行事も、足かせになってくるよなーとか勝手な事を思ったりね(笑)
実際、娘の時は2学期の行事が本当イヤでした。とくに運動会。そして
修学旅行。受験前なのに~!!という感じでしたからね(笑)

いやぁ、立場が代われば見方もえらく変わるもんですね~(;´∀`)

受験前までは、『学校はなるべく休ませたくない!』とか、『学校で宿題を
たくさん出してくれるのって助かる~』とかって思っていましたからねー(笑)
受験を決意した今では、『学校よりも塾!』だし、『宿題少なくていいですから~』
と思う始末。ああ、人間って勝手だな。(え、私??)

そういう意味では、金曜日がとっても安心します。
土日学校休みだからいっぱい寝させてあげられるしね。

塾と学校との葛藤、色々ありますよね。
愚息なだけに、娘の時よりも時間があるのに安心できないというね・・・。

新学年に上がって内容も時間も変わってくると思いますが、
この一年頑張っていきましょうね。やっぱりね、一日一日の積み重ねですもんね!

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。