一口に中学受験って言っても、十人十色なんだな・・・。

一口に中学受験って言っても、十人十色なんだな・・・。

昨日は、中学受験に関する事で2つ、“中受も人それぞれだな”と
思う出来事に遭遇しました。この出来事に遭遇しなくても、中学受験は
人それぞれだってわかってはいましたけども(;´∀`)

まず、一つ目。息子と同じ小学校、同じクラスの子で中学受験する子がいると
判明しました。しかも、目標とする志望校も息子と同じ学校なんですって!

それを聞いて興味津々な私。どんな子??その子勉強できる?塾はどこ??
と矢継ぎ早に質問攻め(笑)だって、良きライバルではあるけれど、良き仲間
にも違いありませんからね。知りたくなっちゃいますよねw

その子、今は塾に行っていなくて家庭学習だと言ってたみたいです。
問題集とか買ってお母さんと一緒にやってるみたい。
それを聞いた私の素直な気持ちは・・・。

『目標の志望校は家庭学習じゃちょっと行くのは厳しいだろうな。』
と、やけに上から目線な感想です(笑)

塾の中でもその志望校は厳しいと言われていて、上のクラスを維持しないと
いけないって言われています。それくらい難しい学校なんです。
だから、家庭学習じゃ限界があるんじゃないかと思いますが・・・。

ですが、家庭学習でももしかしたらやればできるかもしれないし
私がとやかく言う権利もありません。本が好きだと言ってたので
地頭も良かったら塾無しでももしかしたら合格するかも。

ただ娘の中受を経験して、あるレベル以上の学校を目指すのであれば
塾通いは必須なんじゃないかなって思っていますけども。
※あくまで私の個人的な感想です。

しかしながら、同じ中受仲間が近くにいるとわかったら、ちょっとだけ
嬉しいですね♪息子よ、負けないようにしっかりがんばれよー。

そしてもう一つ。私の弟家族の子供(私の姪っ子ちゃん)も
中学受験するという事が判明しました。大学までエスカレーターで
行ける学校を受けたいって言っていました。

現在塾に通ってはいるものの、中受専門の塾ではありません。
でも、まだ志望校は決まってはいないものの、そんなに偏差値の高い
学校は狙っていないので、今の塾を続けるみたいです。

弟家族は他府県に住んでいるので、学校など私にはいまいち
よくわからないのですが、こんなに身近にも中学受験を考える人が
いたんだと知りちょっとビックリでした。

弟の子にしても、小学校の子にしても、うちの子とはちょっと違った
受験の仕方で、本当中学受験って様々なんだなーって思いました。
各家庭の考え方も違うので、それぞれ違って当たり前なんですけどね。

目標に向かって頑張る良き仲間。切磋琢磨しながら一緒に
乗り越えていって欲しいな。2年後目指して、がんばっておくれよぉー!

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。