よし。私も坪田先生になってみるとします。

よし。私も坪田先生になってみるとします。

先日の話なのですが、たまたまテレビを付けたら、坪田先生が出ていらっしゃって。
坪田先生は名古屋で坪田塾を経営されている先生。ビリギャルで一躍有名に
なりましたよね。私もビリギャル読んでみたいですー。

そんな坪田先生の塾内での様子が放送されていたのですが、先生方は皆さん
生徒を誉めて誉めてホメテいらっしゃいましたー。

おお、そこを誉めるのか。とこっちが感心するほどの誉め方です(笑)

でも、やっぱり私でも同じなのですが、人間誉められたら素直に嬉しいですよね。
大人の私でさえ嬉しいんだから子供達ならもっと嬉しいはず!

だから、そのテレビを観た後は『よし、私もいっちょ勉強の事では怒らずに接して
みるか。』と決心しました。いつまでこの決心が持つかはわかりませんが(笑)

なので昨日は、塾に居る息子からの電話で、“去年の過去問算数74点だった!!”
と言われた時もいっぱい誉めたし、“今日は塾でこれだけやったよー”と言う
勉強量の報告の時も、うんと誉めてやりました。

うちの子の場合、誉めたら誉めたでその分余裕ブッかましてしまうんじゃないかな
とかも考えたのですが、しばらくはこの方法で進んでみようと思っています(笑)

と言うか過去問の算数74点。うん、すごいすごい!!!
本番もこの調子で頑張ってくれたらいいんだけどな。本番に弱いタイプだから
心配だわ・・・。(入試でもっともあかんタイプやーーーん。)

ちなみに、坪田先生が言ってた、“最も使っちゃいけない言葉”というのがあって、
それは『やれば出来る子』という言葉だそうです。

おー、あのCM滅多切りですな(笑)

でも私、この・・・やれば出来る子YDKってよく使っています(;・∀・)
まさにうちの息子がそうだから。ハイ、今後は使わないよう気を付けます・・・。

良くも悪くも流されやすい私ですので、なるべく良いと思える情報に
流されたいと思います(笑)

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。