息子の“出来た”はあてにならないけど、“出来なかった”はその通り。

息子の“出来た”はあてにならないけど、“出来なかった”はその通り。

昨日は塾での模試でした。やっぱり模試は本人も緊張するらしく、
朝もめずらしく苦手な単元の算数を復習していました。
・・・・朝に復習って・・・。やらないよりはマシなのかしらん??

そんな模試ですが、試験から帰ってきた息子は
『理科できたわ~、結構自信あるかも。国語はめっちゃ難しくて全然出来なかった・・・』

との事です。うん、やっぱ国語ね。息子の“出来なかった”は、まさにその通りだと
思うので、相当出来なかったんだと思われます。ああ、結果が怖い~。

でもって、息子の“出来た”はあてになりません。
実際、今回理科は問題用紙に答えを書いていたようなので、家で丸付けした
のですが、自信あるって言ってたのに、言ってたのに・・・65点。

うーん、自信あるならせめて7割はこえにゃあいかんだろ。
しかも、塾の直前に私とのやりとりしてた問題がそのまま出題されていました!!
そんなラッキー問題でさえ、間違っとるがな!!!!(怒)

そんな今回の模試ですが、算数だけはわりと良かったのでとりあえず安心かな。
8割超えていたのでね。担任の先生からも、次回の模試ではもっと頑張って
上のクラス上がれるように頑張って、と言われたみたいです。

算数の結果でクラスも決まるっぽいので(多分)、次回の模試は頑張り所だな。

得意な教科を頑張っていれば、自然と他の教科もついてくるって
何かの本で読んだのですが、うちの息子にはそれは全く当てはまらない感じです。
算数は最近安定してきましたが、国語が・・・・・国語・・・・こくごぉぅ、おうおう。

もうすでに受験が終わっていらっしゃる方のブログで、国語苦手男子の奮闘記が
あるのですが、今はそれを読み返して私も息子に対して何か策がないか
考えている所です。ブログって、助かりますねぇ(笑)

5年生になると毎月模試があし、秋くらいから志望校判定もある(と思う)ので
1日1日の積み重ねが大事だなーとつくづく思います。
また来月の模試に向けて、がんばんべ(・∀・)

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。