親の私が間違っていた小5理科の植物。

親の私が間違っていた小5理科の植物。

ついこの間発覚した事なのですが、私自身ちょっと勘違いしていた事が
ありました。それは、息子の勉強で出てくる植物の、合弁花・離弁花。

ツツジは代表的な合弁花の花なのですが、他にもタンポポとかひまわり
なども合弁花なんですよね。ツツジは、花びらが5枚に分かれているように
見えて実は根元の部分でくっついています。だから合弁花ってわかりやすい。

息子にも、実際道で生えているツツジの花を一つ取って、根本らへんが
くっついてるでしょ??て以前見せました。

だからね、私自身も合弁花=花びらが分かれて見えても根元でくっついている
と思い込んでいて。だから、タンポポやヒマワリなんかも、花びらが多数
あるように見えるだけで、根本ではくっついてるんだ、と思い込んでいました。

だから息子とも、『ヒマワリの真ん中の種の所取ったら輪っかみたいに
なるから、そこから顔出したらライオンみたいになるなー』って言い合って
いましたが、先日になってそれが違っていると気付き、顔が真っ赤になりました・・・。

もし、もし私みたいにご存知ない方のために説明させて頂きますが
タンポポやヒマワリは、花びら1枚1枚が一つの花なんですよねー。
それが一つに集まったのですが、だから合弁花・・・なのだそうです。

※私の説明じゃわかりにくいと思うので、違う方のサイトで勉強して下さいませませ。

息子と共にその間違いを深く胸に刻みました。ちなみに、もう一つ。
この合弁花・離弁花の花を覚えるにあたって、ジャガイモがナス科だって
初めて知りました・・・。

いや、知ってたけど忘れちゃってたか、最初から知らなかったのか、
もうそれすらも覚えていません(笑)

・ジャガイモ・・・ナス科
・サツマイモ・・・ヒルガオ科
・カボチャ・・・ウリ科

が、ちょっと覚えにくいのかなぁ・・・??(私的に)

ちなみに、ですが。
アサガオとヒルガオとヨルガオはヒルガオ科、これはなんとなく理解できます。
ここにサツマイモが入って、サツマイモ=ヒルガオ科でこんがらがる。

さらに、ユウガオはウリ科なんですね。(もうヒルガオ科でええやん!!笑)

なんか・・・息子、植物が苦手なのですが、それってなんとなくわかる気が
するなーと思ったり(笑)植物の世界は複雑なんですね・・・。
また息子と一緒に、覚えたいと思います☆

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。