こんな物が息子のやる気を奮い立たせるなんて。

こんな物が息子のやる気を奮い立たせるなんて。

娘が、漢字検定の勉強をしていた時、丸付けを頼まれました。
娘の部屋で丸ツケしていると息子がやってきて、“漢字検定ってどんな事するの?”
と聞いてきたので、こんな感じよ~と本を見せてみました。

『マリオも漢検受けてみる??』と、恐る恐る聞いてみたら、“うん、受ける!
受けたい~!!”と、とっても嬉しそう。この反応は予想外でした(笑)

漢字の勉強なんて嫌がるだろうと思っていたら意外にも好反応だったので
『じゃあ、次のテストで塾の行事と重なってなかったら受けてみよう☆』と言う
ことになりました。よかったよかったーー。

ただ、ここで問題勃発。

娘は4級を受けるのですが、息子は5級を受けたい!!と言い出しました。
いやいやいやいや、あーたは6級か7級からでもいいくらいだと思うよ??と
諭したのですが聞く耳持たず。5級受けるねん!と頑なに言い張っています。

5級って、6年生修了くらいのレベルなんですよ??あーたが出来るとでも??
・・・・・・なんて事は思っていても口が裂けても言えません(笑)

昔娘のためにと買っておいた漢検5級の本を引っ張り出して息子に見せると
さらに興奮して、中身をめくっておりました。

P1100092

ちなみに、娘に漢検5級を受けさせようと思ったのは、娘が中学受験を決める前。
小学4年生の終わりか5年生の初めころだったと思います。中身を見てみると、
娘が読めなかった感じに線が引いてあります。

P1100094

この読み仮名を息子に読ませたら、読み仮名は割と読めていたのでビックリ!
7~8割くらいは読めていました。むむむ・・・これはもしや5級でも
いけそう・・・?!?!(一筋の希望が☆)

娘が読めなかった漢字まで読めていたので、やっぱり同じ年齢の時で比べると
息子の方が少し上を行っていますね。(塾に入る前の娘と比べられる息子って・・・)

ただ、読み仮名は大丈夫な子ってたくさんいますよね(笑)
問題は、書き取り問題。こちらはまだ少ししかさせていませんが、3~4割くらいしか
書けません。うん、やっぱりね。こちらは想定内ですw

でも、何故かこの『漢検5級を受ける』という事が嬉しかったのか、
自ら進んで読み仮名読んでいたので、親の私としては少し嬉しかったです。
次は秋にあるので、とりあえず息子がやる気の5級に向けてちょっとずつ
頑張ってみようかなと思います。

模試対策に漢字の勉強とかしない息子なのに、なぜこんなに漢検に対して
前向きなのかはわからないのですが、息子がやる気になってくれたので
よしとしましょうか。何がカンフル剤になるか、わからないもんだなw

とりあえず、まずは娘の漢検4級。合格して欲しいな☆

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。