国語が好きになってきた息子。

国語が好きになってきた息子。

最近の息子の口癖は、「国語って好きやわ~」とか「国語の力めっちゃ
ついてる気がするねん」とか「次の模試、国語の偏差値上がってる気がする」
とか、国語に関する事ばかり言ってます。

国語、偏差値めっちゃ低いくせにね、教科自体は好きみたい(笑)
塾でも先生によく色々質問に行ったり、プリント類やテストなど貰いに
行ってるみたいなんですよね。同じく理科も頑張って欲しいし、算数も
気を抜かないでほしいのですが・・・。

5年生の時を振り返ると、国語に関して息子は自分から先生に何かを
聞きに行く回数が今よりもずっとずっと少なかったように思えます。
宿題でわからない箇所があれば聞きに行く程度だったんじゃないかな。
それが、今は自分から国語の先生の所に頻繁に行くようになった。
これは、受験生だからではなく、国語の先生との相性が良かったからだと
思うんですよね。

6年生になって新しく赴任された国語の先生は、塾の先生の中では
若い年代になると思います。年代が若いとどうしてもベテランには
程遠く見えてしまい、頼りないんじゃないかと思ってしまっていたのですが
息子はかえってそれが話やすかったのでしょうね。
今の先生のお蔭で、国語が楽しいといつも言うようになりました。
そう考えると、先生って大事なんですよね・・・。

でも、どの先生になっても子供と合う合わないはあると思うので
これも縁なのかなぁと思っています。もちろん家でも、寝る前と朝起きた時
車の中でも、少しでいいので時間があれば何か語句を言ったり漢字を
やらせたりしています。それも、最近は嫌がらず自分からすすんで
やってくれるようになりました。

息子がこうも国語に関してやる気になるとはねぇ・・・。嬉しいっす(涙)
ただ、最近は国語ばかりやっている雰囲気も伝わってくるので、得意教科の
算数がおろそかにならないか、それも心配だったりします。
うちの子の場合、どの教科もまんべんなく出来ないタイプなのでねw

夏休みまであと少し。家でも頑張らないといけませんね!

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加