子供の力量

子供の力量

親だから、自分の子はかわいいに決まってる。自分の子だから
つい欲目で見てしまう時もあるし、希望的観測な考え方もしてしまう時もある。
我が家もそうです。只今、絶賛受験真っ最中の小6の息子、この子はあとあと
伸びて来るんじゃないかなと希望を抱いています。だって、国語はできないけど
会話のセンスがいい。返す言葉がうまい。と、思っています。
これぞ、親の欲目(笑)

でも、我が子のキャパって親だからなんとなくわかるんですよね。
伸びて欲しいし、伸びると信じているけどこれくらいが限界なんじゃ
ないか??ってね。だから、下の子が目標とするいまだ偏差値の届かない
志望校に落ちても、素直に受け止められる気がします。
もちろん、今の段階ではまだまだ希望は捨てちゃいませんけどね。
もしダメだった場合でも、「もし合格しててもきっと授業についていけなかったと
思うから、落ちてよかったんだ」と思える自信もあります。
でもでも、まだ希望は捨てきっていませんけどね(笑)

娘の時は、それなりに不安も心配事もあったし悩んだ時期もありましたが
息子ほど不安はなかった気がします。性格的にも、勉強面はきっちりと
やってのける子だったから。中学校に入って成績は若干下降気味なのは
予想外でしたが、それでも娘は自分できちんとやってくれるだろうって
信じています。

一方息子は、高校生くらいにならないとわからないなというのが本音。
今の息子のキャパは、あまりにも小さいと思います。親の欲目で見ても
どうにも大きくなりません(笑)後々伸びてくれるんじゃないかという
淡い期待は抱いているものの、それがいつなのかは不明。大学受験前に
伸びてくれればいいんだけどな。

我が子を客観的に見た場合、下の子は性格的にすごく良いのに、
残念ながら中学受験に性格の良さって関係ないのがツライです(笑)
合格を頂ける学校は、息子と縁のある学校だとも思っているので、どの
学校が息子と縁があるのか、半年後が楽しみです。どの学校に行っても
きっとすごく楽しくて充実した6年を過ごしてくれると思うので、
縁ある学校が1校でも多くありますように。
第一志望校も、夢じゃありませんように(笑)

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。