受験1日目の雑感

受験1日目の雑感

まだ自分の記憶が新しいうちにブログに残しておこうと思っています。

年末あたりから、夜急に眠れなくなった息子。その状態がずっと続いていました。受験前夜も緊張で眠れないんだろうな~と思っていたのですが、意外にも受験前夜はすぐに寝た息子。え、すぐに寝たの??と、こっちがビックリ。普通、受験前こそ眠れないものなんじゃないのかい???w

夜10時過ぎには寝させ、朝6時に起こしました。電車で駅まで行き、学校へ向かいますが同じ方向に歩いていくお子さん方の顔を見ると、皆さんどの子も賢そうに見えてしまいます。これ、きっと受験生の親あるあるだと思いますが。学校までの道のりの途中、「緊張とかしてる??」と聞くと、『それが、全くないねん。塾の模試の方が緊張してた』ですって。この緊張感の無さっていいんだか悪いんだか。さすがにテスト前に少しは緊張すると思うんですけどね~。こっちの方がドキドキしちゃうわ。

ただ、普段の状態でリラックスして試験を受けたと思うので、余分な力が入らずに実力が出せたんじゃないかなーと安心しておりました。・・・・・・・・が。試験終了後戻って来た息子の顔は真っ青で、すごい暗い。気軽に『試験どうだった??』なんて聞けない雰囲気だったので、私も試験については何も聞かずに『お腹空いたー?』って、別の話しで会話をさぐっていました。すると、息子の方から『理科が全然出来なかったわ・・・』と、話し始めました。

理科は半分以上わからない問題があったので記号は勘で埋めたそう。算数は、最後の大問の意味すらわからなかった。角度の計算も、わからなかったから勘で書いた。国語、漢字が2問わからなかった。だ、そうです。こんなん言われても、こっちからかける言葉は『大丈夫ダイジョウブ、終わった物は仕方ないんだし、気持ち切り替えて次にいこう!』しかありませんよね。

でも、この息子の言葉を聞いてかなりショックだった私、その日は朝3時半くらいから眠れずにずっと布団で悶々としておりました(笑)この話はまた次回・・・。

息子の言葉にショックを受けつつも午後入試に挑み、ようやく帰宅。この午後入試も全然出来なかったーと言っていました。もう、本当イヤになる。

夜、家族皆で雑談をしている時に、入試で出た問題を娘に解いてもらっていたんですよね。そうしたら、算数の勘で書いた角度がなんと当たっていたんです!『俺な、別の学校の過去問でも角度わからんとこあってさー、適当に20度かなって書いたら当たっててん!!今回も当たってた、ラッキー!!』と大喜び。理科はさておき、国語も娘と一緒にやっていたら、娘の思う答えと息子の答えが一致していました。正解かどうかは不明ですが、娘と同じ答えだということに喜んでいる息子。

少しだけ希望の光が見えた一日目の夜でした。最後まで考えてわからなかったら、勘で書け、とは言いましたが、それは記号問題で使うんであって、数字で使うなんて・・・。まぁ、奇跡的に当たってたのでよしとしますが。こんなラッキーも、あるんだなと思いました。

この日も、翌日のテストに備えて早目の就寝。10時半までには眠りました。2日目は次回に続きます。

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。