受験2日目の雑感

受験2日目の雑感

1日目の試験の出来が思わしくなかったという報告を受けて眠りについた私ですが、早朝3時半くらいに目が覚めました。いつもなら再び眠りにつくのですが、入試の出来がずっと頭の中で回っているので、全く眠れず。出来の悪さに落ち込み、でも国語が思っていたよりも出来ていそうという希望の光に励まされ、布団の中で悶々としておりました。でも、いくら寝ようとしても眠れなかったのでこの日は4時半には起きてぼーっとしておりました。

この日の夕方には昨日の試験結果がわかります。息子本人も、朝起きてきてめっちゃ神頼み。どうか受かっていますようにーー!!!って、何度も祈っていました。今さらなんですけどねw

この日の午前入試は、2日目と言う事もあり難度も上がっていると思い気合を入れて挑ませましたが意外と簡単だったようでテスト終了後意気揚々で帰ってきました。でも、私は知っています。息子の出来た!は、あてにならない事を。この言葉に何度だまされたことか・・・。

息子が午後入試の合間に、昨日の結果が発表されます。結果は前に書いた通り、無事に合格を頂きました。本当に良かったです。(以前にくわしく書いているので、今回は割愛させて頂きます)受験番号を見間違えるという、ありえないハプニングもありましたが、番号確認後すぐに学校で手続きも済ませて合格証書をもらいました。だって、合格証書を手にするまでは本当に受かってるか安心出来なくて・・・。何かの手違いだったら困るなってね。

午後入試が終わって帰ってきた息子。自分で番号を見に行き、『やった!!!!!受かってた!!!』と大喜びです。今回はダメだと思ったいた、と覚悟を決めていたみたいなので、喜びも倍増ですね。すぐに塾の先生にも連絡を入れてお祝いの言葉をもらっていました。私も電話で何度も何度もお礼を述べました。

この、担任との電話の直後から私の体に異変が・・・・。

それまで、全く普通に元気だったのですが、電話を切ってしばらくしたあたりから、どっと疲れが押し寄せてきました。張りつめていた糸がぷつって切れてしまった、という表現が一番わかりやすいかもしれません。それまで普通だったのに、目はしょぼしょぼするし、足元はフラフラ。頭もなんだか重くて重くて。こんな状態なのに、息子は“今からゲームのソフト買いに行こう!!!受かってたら買いにつれて行ってくれるって約束したやん!!”と言ってきます。

ええ、約束しましたとも。疲れがMAXな身体に鞭打って、家電量販店に行きましたとも。何でこんな約束をしたのか、過去の自分と旦那も恨みました。受験発表の日は、どこかに買い物の予定を入れない事をおすすめします(笑)

この日は帰ってからスーパーで買ったお弁当(作る気ゼロ。外食は人いっぱいだったので行かず)を食べ、お風呂に入ってそっこーで寝ました。9時半過ぎには寝たのかな??久しぶりに、深い眠りにつけたような気がしました。

入試本番の時は緊張もしているし、気も張っているから多少の無理は出来ますが、2日目以降、とくに合格発表の後は疲れが一気にやってきます。まぁ、私だけかもしれませんけどね。ただ、親とは逆に息子は解放感に満ち溢れ、早速ゲームゲームゲーム、です。疲れ知らずなのは、若いからなのかなぁ。

この日で、我が家の受験生活はいったん幕を閉じました。まだ1校を残していますけども。最後まであきらめないって、大事な事なんだなと本当に感じました。息子よ、そして旦那に、私自身にも、お疲れ様・ですね。

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。