受験が終わった今だから言える話し

受験が終わった今だから言える話し

つい1週間ほど前に我が家の受験は終わりを迎えましたが、なんだか遠い昔のような感覚に陥っています。まだ合格発表から1週間しか経っていないんだなー。なんだか不思議。

第一志望に合格出来た息子ですが、今から考えればよく受かったな~と今さらながらに驚いています。志望校を決めた頃から2度模試がありましたが、成績は伸びずにいました。(むしろ下がったというね)最後から2番目の模試がB判定、最後の模試に至ってはC判定が出ていたんです。志望校が決定してお金を払う前だったから、どうしたらいいのか悩みましたよー。

過去問だって、算数はそこそこ点数が取れていましたが国語と理科が足を引っ張り、2年前の過去問でしか合格最低点を超えていない状況でした。過去問、10年分くらいやったうちの、1年分しか合格最低点に届いていない状態だったので、息子自身も焦りはあったと思います。ただ、最後の模試の結果が悪かった事が功を奏して、そこから頑張って自分を追い込んでいたので、それが良かったのかなぁと今になって思います。受験生としての自覚がないまま突き進んでいった気がしますが、結果が良かったので何も言うまい。

偏差値が届いていないかったとか、過去問で1度しか合格最低点に届いていない、とかこういうたぐいの文章を他の方のブログで見かけるたびに、私自身息子にもチャンスがあるのかもと浮かれていましたが、その反面「でも結局受かったからそう言えるんだよねー」という気持ちもあったのは事実。

そうなんです、いくら偏差値や過去問で悪い結果があったとしても、結局はうちの息子は合格を頂けたからそう言えるのであって、偏差値が届かない=志望校もダメだった、って子もたくさんいるはずなんです。

今だから言えるって話しは、結局のところその本人と親でしかわからない話しなんですよね。でも、それでもやっぱり最後まで諦めないという気持ちは大事だと思うし、ギリギリまで頑張る姿勢が大切だと思っています。最後の追い込みは、伸びているなって私自身も思っていましたから。

まだ関東の方はこれからが試験本番だと思います。とてつもない不安に襲われている日々だと思いますが、あと少し。もう少し頑張って下さいね。

(*’ω’*)クリックして頂けたら更新の励みになります☆

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。